大阪の企業見学ツアー

工場見学

読売新聞 大阪本社

読売新聞 大阪本社

新聞と言えば今ではパソコンで記事を入力し、工場の印刷機器にデータを飛ばすというのが当たり前の印刷方法です。 しかし、昔は印刷機器やパソコンなんてもちろんなかったので、活版印刷という印刷方法が用いられていました。

詳細を確認する

株式会社ダスキン大阪中央工場

株式会社ダスキン大阪中央工場

ダスキンと言えば清掃業務を中心に行う企業で、その会社名の由来がゴミを意味する「ダスト」とぞうきんの「きん」から来ているといのは有名なエピソードですよね。 創業者の鈴木氏は当初、造語ではなくてそのまま「株式会社ぞうきん」にしようとしたそうですが、社員達に反対され、ダスキンと名付けたそうですよ。

詳細を確認する

インスタントラーメン発明記念館

インスタントラーメン発明記念館

インスタントラーメン発明記念館は大阪府池田市にあります。 日清食品の創業者である安藤百福氏はかつて池田市に住んでいて、自宅の裏庭の小さな小屋でチキンラーメンを発明したそうです。 つまり池田市はインスタントラーメン発祥の地なんです。

詳細を確認する

アサヒ ビール工場

アサヒビール工場

夏になるとビールが美味しく感じますよね! 色んなとこでビアガーデンが開催されていて、ついつい毎日飲みすぎてしまいます。 確かに皆でわいわいビールを楽しむのも良いですが、たまにはちょっと変ったビールの楽しみ方はどうでしょう。

詳細を確認する

井坂酒造場

井坂酒造場

大阪府岸和田市にある井坂酒造場は、お酒の神様とまで呼ばれる「三輪福」をメインブランドとし、岸和田のだんじり祭りの「だんじり酒」や、阪神タイガースの「六甲おろし」のお酒を取り扱っていて、大阪人にとってはかなり縁のある酒屋さんです。 井坂酒造場で作られているお酒は、全体の65%が純米酒で、年間で約300石しか作られません。

詳細を確認する

象印マホービン

象印マホービン

象印マホービンと言えば、朝、家を出る前に熱いお茶を入れればランチタイムになっても会社で熱々のお茶を飲むことができ、運動会のために朝早く冷たい麦茶を入れて持っていけば、お昼の休憩時間になっても冷たいお茶で渇きを潤すことができる、その名の通り「魔法のような瓶」です。

詳細を確認する

サイト紹介

工場見学

普段、何気なく食べているお菓子やジュース、使っている石鹸など、どんな風に作られているか知っていますか?
当たり前ですが、この世にあるあらゆるものは、誰かの手で作られています。
でも、それがどんな風に作られているのか、実は全く知らずに過ごしていますよね。
都会で、スーパーに並ぶ魚の切り身しか見たことがない子供が、大きくなるまで切り身が海を泳いでいると思い込んでいたというエピソードはかなり極端な例ですが、
自分が普段口にしているものや使っているものがどんな風に自分の元まで運ばれてくるかを、知らないことの方が多いんです。
最近では「丁寧な暮らし」と言って、自分が選ぶもの1つずつに意識を向け、こだわりを持ちながら生きていくというライフスタイルが話題を集めています。
もののルーツを辿るということは、自分自身のルーツを辿ることにも繋がるんですね。
大阪には沢山の企業があって、同じくらい、またはそれ以上の数の工場があります。
このサイトでは大阪にスポットを当て、企業見学や工場見学に参加できる企業を紹介していきたいと思います。
身近にあるものがどんな風にできているのかを知れば、自然とものの見方も変わってくるかもしれませんね。
関西の企業について調べたいのならここにアクセスしましょう。テレビでよく名前を聞くあの企業も意外と関西発だったりするものですよ。

見学して楽しむ

工場見学や企業見学と言うと、小学生や中学生の頃に社会の授業などで誰しも一度は体験したことがあると思います。
普段の座学とは違う授業スタイルに、まるで遠足みたいだなとわくわくしたものです。
実はそんな工場・企業見学は、最近になって改めてその魅力が見直されるようになりました。
元々日本は職人の国で、ものづくりは日本の文化であり、経済の要でもありました。
国を支える職人は、いつの時代も私達のヒーローだったんです。
そんな格好良い職人がものづくりを行う現場を目にすると、思わず興奮してしまうんですよね。
最近の工場・企業見学は子供から大人まで誰でも楽しめるように、体験型のプログラムを用意している企業も多いです。
例えばよくあるビール工場の見学であれば試飲ができたり、お菓子工場であれば出来たてのお菓子をその場で食べることができたり。
飲食系以外の企業も、お土産を用意してくれていたりと、家に帰ってからも楽しめる工夫が沢山あります。
何かが完成するまでを見届けるのは、本当にわくわくドキドキしますよね。
最近ではデートで工場・企業見学に訪れる人も増えてきているそうですよ。
見学に訪れた後は、お店などでその企業の商品を見るとついつい手に取ってしまいそうですね。